天使のララ

コラーゲンは塗る?食べる?どっちが効果が高い?

コラーゲン配合商品はたくさんあります。お肌表面に塗るのと、食べて体の中に入れるのとではどちらが効果的なのでしょうか?コラーゲンの効果的な摂取方法なども併せてご紹介させていただきます。

 

化粧品、ドリング、ゼリー、お酒、本当にいろんな物に「コラーゲン配合」と記載されています。せっかく摂取するならより効果が高いほうを選びたいですよね。今後コラーゲン配合消費を買う時の参考になさってください。

 

 

コラーゲンを塗った場合の効果について

 

コラーゲン配合の化粧品を使って、お肌の表面からコラーゲンを与えた場合、肌表面への保湿効果や保水効果は期待できます。ただ、普通のコラーゲンはお肌内部まで浸透することはできません。

 

これは分子量の大小の違いによるものです。コラーゲンの分子量が小さい物(低分子コラーゲンやナノコラーゲン)なら、肌の角質層内部に浸透させることは可能です。ただし分子量の小さなコラーゲンそのものでコラーゲン本来の効果を得られるわけではありません。

 

あくまでもコラーゲン生成を促したり、肌内部(角質層)の潤いを保つというものになります。コラーゲンの生成を促してくれるといっても、劇的に肌内部のコラーゲン量が増加するわけではありませんので、過剰な期待は禁物です。

 

ここまで読んだ時点で、コラーゲン化粧品は効果がないのかと思ってしまう方もいるかもしれません。ですがそれは違います。コラーゲンには高い保湿効果があり、その効果はしっかりと実感できるはずです。ただしお肌の状態によっては、もの足りなさを感じる方もいらっしゃいます。

 

コラーゲンを塗った場合の効果は、肌表面や角質層内部の保湿や保水をしてくれる、というものになります。

 

 

食べた場合の効果について

 

コラーゲン配合のゼリーなどの食品が人気を集めていますが、食べたコラーゲンがそのまま体内でコラーゲンとしての効果を発揮してくれるのではありません。そのまま肌のコラーゲンとなることはないということです。

 

口から摂取したコラーゲンは、体内でアミノ酸に変化するということはいろんなサイトで紹介されています。それをみると全く効果がないように感じてしまう方が多いです。

 

ですが経口摂取したコラーゲンは、体内で分子の小さなコラーゲンペプチドになり吸収されるということがわかっています。血中コラーゲンペプチドの濃度がアップすることで、コラーゲン生成を促してくれます。

 

よく、コラーゲン鍋などを食べたら翌朝にはお肌がぷるぷるになっているという口コミなどを見かけますが、それはあまり信用しない方がいいです。効果を実感するまでには、ある程度続けて食べる必要があるので、即効性はあまり期待しない方がいいでしょう。

 

コラーゲンが豊富に含まれている食材としては、

 

・牛すじ
・フカヒレ
・鶏手羽先
・うなぎのかば焼き

 

などがあげられます。これらは皆さんもよくご存知なのではないでしょうか。また、ゼリーやグミやマシュマロなら、コラーゲンよりも分子の大きさが小さいのでその分吸収も良いのでおすすめです。

 

食べ物が持つコラーゲンの効果を得たいなら、継続的にこういったものを食べ続けるようにしましょう。

 

結局どっちの効果が高いの?

 

見た目の効果の高さからいうと、やはり塗るタイプのものが高いといえます。お肌表面をしっかりと保湿してくれるので、一時的ですが潤いのあるお肌にしてくれます。

 

お肌の角質層内部を保湿し、内側からハリと弾力のあるお肌にする為には、分子量の小さいコラーゲンを使用したものを、継続的に使用する必要があります。食べ物と同じく、こちらも即効性を期待するのはよくありません。

 

コラーゲンは、お肌表面から塗って与えることも必要ですが、やはり日々の食事から体の中に与えることも必要です。効果の高さで選ぶのはなく、塗るのと飲むのと同時に補給していくのが一番望ましいのではないでしょうか。

 

人間の体内のコラーゲンは、年齢とともに減少していってしまいます。日々のお肌のケアをして塗るタイプを、そして体内のコラーゲン生成を促すためにも飲むタイプ。両方を上手に取り入れていくのが一番おすすめになります。

 

いつまでも美しいお肌を維持したいなら、スキンケアだけではなく、日々の食事からもコラーゲンを補給していくよう心がけてくださいね。