天使のララ

コラーゲンのとりすぎは腎臓に負担がかかるって本当?

コラーゲンを過剰摂取することが良くないことはご存知ですか?体にとって必要な成分であっても、取り過ぎるのは良くありません。この成分の過剰摂取によって腎臓に負担をかけてしまっているという噂の真相を徹底的に調べました。

 

お肌だけでなく、健康な体作りのためにも必須の成分としても知られているコラーゲン。必要だからとついつい過剰摂取するのは良くありません。ではどれくらい摂取すればいいのかなども併せてご紹介させていただきます。

 

 

1日にどれくらい摂るのがいいのか

 

コラーゲンはタンパク質の一種ですが、だからといって、摂取目安量がタンパク質と同じというわけではありません。そこは間違わないように注意してください。

 

私たちの毎日の食生活で摂取できる平均的な量は、なんとたったの1.9gです。摂取の目安量を知る前にこの数字をみてみなさんはどう感じましたか?きっと少ないと思われた方が多いのではないでしょうか。

 

参考までにコラーゲンを含む食品とその量は、

 

フカヒレ:9,920mg
手羽先 :1,550mg
軟骨  :4,000mg
牛筋  :4,980mg
イカ  :1,380mg
エビ  :1,150mg
(全て100gあたりの量)

 

となります。これはほんの一部ですが、やはりダントツでフカヒレが一番多いことがわかります。でも、こんな高級食材を毎日食べるというのはちょっとできませんよね。これらから考えてみても、やはり食生活で十分な量を補うのは難しことがわかります。

 

コラーゲンの1日の摂取目安量は、日本国内では5〜10gになります。これが欧米では10gとされています。目安量はあくまでも目安量です。必ずこれだけとらないと、体に様々な影響が出るというわけではありません。

 

ただ年齢とともに減少していくということは、日々失われていき、生成量が追い付かなくなっていくということになります。ですから、毎日5〜10gを目安として継続して補給していく必要があるのです。

 

コラーゲン補給は、やはりサプリメントやドリンクなどが手軽で簡単です。含まれているコラーゲンの量もすぐにわかるので、とても便利です。

 

 

過剰摂取で腎臓に負担をかけるのか?

 

コラーゲンはタンパク質の一種ということは先にも少し書かせていただきました。コラーゲンの過剰摂取は、タンパク質の過剰摂取につながります。

 

先にご紹介している目安量を少量上回る程度には、余分なコラーゲンは尿などと一緒に体の外に排出されるので、体に影響はありません。ただ、目安量を大きく上回って過剰に摂取してしまうと腎臓に負担をかけてしまいます。

 

タンパク質の過剰摂取は腎臓に負担をかけてしまう可能性があります。タンパク質の一種であるコラーゲンの過剰摂取も同様だということになるのです。

 

コラーゲンのようなタンパク質を摂取する際、窒素副産物も一緒に摂り込みます。これを血液の中からろ過してくれるのが腎臓なのですが、過剰なコラーゲン摂取によって、このろ過作業をいつも以上に行わなくてはいけなくなります。それが負担となり、腎障害の原因となる可能性もあります。

 

慢性的な腎臓疾患の方は、コラーゲンを補給する際は事前に医師への相談をおすすめします。

 

 

配合量の確認を忘れずに!

 

サプリメントやドリンクなど、コラーゲンを補給したい人向けの食品や飲料などが市場にあふれかえっています。「コラーゲン配合」とすればなんでも売れてしまうというおかしな時代です。

 

失われていくものですから補給することは必要です。ですが、やはり目安量を基準にして、できるだけ日々の食生活から摂取するのが理想です。ただ、食生活で補うとなると、どうしてもカロリーが高くなってしまいがちです。コストもかかり、ちょっと難しいですよね。

 

だから多くの方はサプリメントなどを利用されているはずです。でも、そういったものを利用するときは、必ずどれくらいの量を補給できるのか、コラーゲンがどれくらい配合されているのかを確認しておきましょう。

 

食事からわずかながらでも摂取しているので、それにサプリメントなどで補給するものがプラスされることになります。その分もちゃんと計算して補給するようにしてください。

 

ちょっと目安量を超えてしまった程度なら心配はありません。たくさん補給したからといって、それが全てプラスに作用してくれるわけではありません。過剰摂取にならないよう注意しましょう。