天使のララ

天使のララの全成分を完全解析しました!

飲むコラーゲンとして非常に人気を集めている天使のララ。斉藤由貴さんのCMや羽野晶紀さんがテレビ番組で絶賛したのがきっかけで、芸能界のみならず一般の方達にも広く知られる事となりました。ネットなどを検索してみても、リピーターの多さに驚きます。効果を感じなければリピーターにはなりません。これだけの人気を維持しているのはやはり実際に効果を感じる方が多くいらっしゃるからこそです。今、コラーゲン商品は市場に数多く流通しています。種類も大変多くなっています。その中で、なぜ天使のララなのでしょうか?効果の理由をはっきりと示していきましょう。

 

天使のララの成分とは?

 

天使のララの成分はコラーゲンと水分だけというシンプルな原料です。よくあるコラーゲンドリンクにありがちな副原料は入っておらず、香料・着色料・保存料などの添加物も一切使用していません。国の定める分析試験にも合格し、安全性にも高いレベルで信頼のおけるコラーゲンドリンクとなっています。通常コラーゲンは抽出することでコラーゲン本来の3重らせん構造が破壊されてしまいます。しかし天使のララの場合、コラーゲンは複数回ろ過を行って余計な不純物を取り除いた「ミクロフィルタリング精製法」によって、コラーゲンのらせん構造を壊さずに高純度の原液を抽出することに成功したのです。

 

天使のララのコラーゲンとは?

 

天使のララは魚のウロコを原料としたフィッシュコラーゲンペプチドが主成分です。栄養成分を以下に記載します。
(1袋10ml当たり)
●エネルギー  4.4kcal
●タンパク質  1g
●脂質  0g
●炭水化物  0.01g
●食塩相当量  0.00053g
通常コラーゲンは高カロリーとなってしまいますが、天使のララの栄養成分を見ると低カロリーであるので、ダイエット中の方でも安心して飲むことができますね。また、コラーゲンを構成する成分はアミノ酸とビタミンCでできていています。天使のララの100g中にあるコラーゲンを作るアミノ酸はどんな種類がどれだけ入っているのか挙げていきます。
●アルギニン1190mg
●リジン430mg
●フェニルアラニン250mg
●ロイシン360mg
●イソロイシン140mg
●メチオニン180mg
●プロリン1690mg
●アラニン140mg
●グリシン3280mg
●バリン270mg
●グルタミン酸1250mg
●セリン450mg
●スレオニン340mg
●アスパラギン酸720mg
●ヒドロキシプロリン1390mg
●ヒドロキシリジン170mg
天使のララのコラーゲンを構成するアミノ酸を挙げてみると、殆どのアミノ酸が必須アミノ酸だということがわかります。

 

コラーゲンの働きとは?

 

大体40代に足を踏み入れると、シワやたるみに悩む方が多くなります。それは急激なコラーゲン減少による変化が原因です。コラーゲンは肌の内部の真皮層の大半を占めますが、40代を境目にズドンと減っていきます。自らコラーゲンを作り出すことは無理なので、外から摂り入れるしかありません。天使のララはコラーゲン本来のらせん構造が破壊されていない高純度のコラーゲンであるので、摂取することで体の内側から不足するコラーゲンを補充することができます。コラーゲン減少によって衰えた肌内部のコラーゲン生成を活性化させる働きがあります。結果シワやたるみを改善させ、予防する効果が期待できます。これらは科学的にも証明されています。

 

天使のララ飲むコラーゲンのあの成分

 

天使のララと言えば「フィッシュコラーゲン」です。フィッシュコラーゲンとは魚のウロコから抽出されたコラーゲンの事です。質の良いウロコだけを厳選して作られています。魚のウロコが原材料であり、抽出されたコラーゲンペプチドが主成分となります。通常は、コラーゲンを抽出する段階でコラーゲン独特の螺旋構造という造りが壊されてしまうのです。しかし天使のララは独自の抽出方法を研究し、そのコラーゲン成分を壊さずにそのままの状態で抽出する事に成功したのです。この重要性は言うまでもなく、体内に取り込まれたコラーゲンは血液と一緒に体を巡って、コラーゲンが減少する事によって衰えていく肌の内部のコラーゲンを作る働きを効率よく活性化させる事が期待できるのです。この螺旋構造が壊れているかいないかで働きが大きく変わるのです。そして着色料や香料、保存料などは一切含まれていないので、完全な無添加の天然コラーゲンと言えます。

 

なぜこの成分がいいのか

 

天使のララがフィッシュコラーゲンにこだわる理由。それは魚のコラーゲンの浸透の良さにあります。コラーゲンは原料として大きく分けて魚由来と動物由来とがあります。どちらも皮に多く含まれています。魚には皮にプラスしてウロコ部分もあるのでどこを原料にしているかも大切になってきます。そこで動物由来と魚由来とを比べてみると、フィッシュコラーゲンの良さがよくわかりました。動物由来は豚・牛・鶏がありますが、豚がほとんどのようです。動物コラーゲンは分解率が良くないと研究結果に出ているのです。魚コラーゲンの7分の1程だとも言われています。コラーゲンはそのままでは体内に吸収されず、胃腸内で酵素によって分解されてアミノ酸ペプチドとなって初めて吸収されます。ですから分解しやすいほど吸収もされやすくなるので、魚コラーゲンは動物コラーゲンの7倍も吸収されやすい、という事になります。これが天使のララの飲むコラーゲンがフィッシュコラーゲンにこだわった理由、効果の理由と言えるでしょう。

 

 

成分からみる副作用はありえるか?

 

天使のララの原料はコラーゲンと水分だけというシンプルさであり、副原料や添加物は一切入っていないことが一番のポイントです。1999年の販売からロングセラー商品となっていますが、今まで副作用などの報告は全くあがっていません。累計54万人、リピート率90%という膨大な販売実績からも分かるように、この結果が安全性と効果を実証しているのではないでしょうか。高品質で安全性の高いフィッシュコラーゲンは、天使のララでしかその価値を見出だせないと言っても過言ではありません。

 

完全無添加で体に良くないような物は一切含んでいないはずの天使のララですが、副作用のような症状があったとの声がありました。本当に大丈夫なのでしょうか?全成分を再確認してみました。エネルギー・タンパク質・脂質・炭水化物・食塩相当物、以上でしたので副作用が起きるような成分はやはり含まれていません。ではなぜでしょうか…。実はこの主成分のコラーゲンが原因だったのです。飲む前に注意していただきたい事、コラーゲンは体質によって下痢を起こしたり吹き出物やニキビを悪化させる場合があるのです。しかしこれはあくまでも体質、飲み始めの時期によくある好転反応とも考えられるので様子を見る事も必要です。また、成分一覧からは確認できませんが、コラーゲンペプチドはゼラチンからできています。ゼラチンにはアレルギーを起こす方もいらっしゃいます。ゼラチンアレルギーは、ゼラチン含有のワクチンを接種した事が原因とされています。このワクチンを接種したのは1988年から1996年までと言われています。期間も限られているのでこの世代の方達は既に病院で対処されている方がほとんどだと思いますが、気になる方は必ず天使のララを飲む前に病院で相談してください。